不器用男がパパになったら (44) 背中スイッチ攻略法!?

3人の男の子を育てるユウさんが、妻の妊娠をきっかけに、だんだんパパへと成長していく過程を思い返しながらつづる、本連載。第44回は「背中スイッチ攻略法!?」です。


赤ちゃんのお世話をする中で、夜泣きと並んで大変なのが「寝かしつけ」です。

抱っこしている時はよく眠ってくれていても、いざベッドに寝かせようとすると、なぜか気づいて大泣き……。なかなか寝てくれません。

これが噂の「背中スイッチ」!? 布団に寝かせようとすると泣き出すので、「背中にスイッチが付いている!?」「センサーが付いている??」などと、世のママ・パパを驚かせるやつです。

これ、なんとかしないとずっと抱っこしておかないといけないので、いつまでたっても親の手が空きません……。

というわけで、夫婦でいろいろ試しましたが、どれもうまくいかず、なかなか手ごわい……。

3週間の試行錯誤の上、ついに攻略法を習得したのです。その方法とは……。

抱っこで寝ていたら布団のそばに行き、背中スイッチが発動しないギリギリの高さまで布団と並行に下ろします。それからそのままの体勢で赤ちゃんをゆらゆらと前後にゆすります。できるだけ、布団面のギリギリのところでゆらゆらするのがポイントです。

ゆすった勢いを利用して、良きタイミングで手を離し、布団の上を滑らせる。腕の良いパイロットが飛行機を上手に滑走路に降ろすイメージです。

結構雑なようですが、うちの子はこれだと起きずに良く眠ってくれました。

「ソフトランディング寝かせ」と名づけて、うちでは大活躍の方法でした。注意点は、首も腰もしっかりすわってからしかできない方法だということ。でも、ちょっと雑な方法ですし、赤ちゃんに衝撃を与えないためには慣れも必要ですから、やっぱり真似しないでくださいね……。

ユウ

男の子3人のパパ。不器用なので、いろいろな失敗を繰り返しながらも、フルタイムで働く妻とともに仕事・家事・育児に奮闘中。3人育てていると少しずつ、家事・育児のコツが分かってきた? 気がします……。
自身のブログ「不器用男の子育て日記123」で育児漫画を更新中。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

ニュース総合トップに戻る

あなたにオススメ

Recommended by

カテゴリーはこちら

マイナビグループの求人サイト

マイナビニュースのカードローン比較サイト

マイナビニュースからのお知らせ