世界12カ国で87%が「次世代ワークスタイル」を検討 - 一方日本は?

米国マンパワーグループはこのほど、労働白書「自ら選ぶギグワーク:『次世代ワークスタイル』の広がり」を発表した。調査対象は日本を含む12カ国に居住する18~65歳の個人9,500人以上。<続きを読む>

ニュース総合トップに戻る

あなたにオススメ

Recommended by