東海3県主要施設の集客数、「ナガシマリゾート」が11年連続トップに

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは5月17日、「2016年度東海3県主要集客施設・集客実態調査」の結果を発表した。調査時期は2017年4月、対象は愛知県・岐阜県・三重県の78施設。

「ポケモンGO」も集客に好影響

集客人数ランキングでは、「ナガシマリゾート」(三重県桑名市)が約1,510万人と11年連続の首位。以下、2位「刈谷ハイウェイオアシス」(愛知県刈谷市)の約905万人、3位「中部国際空港セントレア」(愛知県常滑市)の約619万人、4位「国営木曽三川公園・河川環境楽園 自然発見館」(岐阜県各務原市)の約442万人、5位「ナゴヤドーム」(愛知県名古屋市)の約423万人と続いた。

集客人数ランキング

集客人数ランキング

前年度比をみると、増加率1位は「名古屋市美術館」(愛知県名古屋市)で107.5%増、2位は「養老公園」(岐阜県養老町)で21.7%増、3位は「愛知県美術館」(同)は35.3%増。名古屋市美術館と愛知県美術館は国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2016」の開催により、全国からの集客を伸ばした。一方、全体では77施設(前年度と比較可能な施設)中48施設(62.3%)が前年度を下回っており、同社は「余暇の過ごし方の多様化が、各施設の集客に影響した可能性がある」と分析している。

集客に影響を及ぼしたトピックスとして、新しい国民の祝日「山の日」は17施設(全体比22.7%)が好影響と回答。また2016年7月の「ポケモンGO」配信開始は14施設(同18.2%)に、2016年2月の新東名高速道路新区間開通(浜松いなさジャンクション~豊田東ジャンクション)は8施設(同10.7%)に好影響をもたらしたとしている。

各種影響要因(三菱UFJリサーチ&コンサルティングWebサイト)

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

ニュース総合トップに戻る

あなたにオススメ

Recommended by

カテゴリーはこちら

マイナビグループの求人サイト

マイナビニュースのカードローン比較サイト

マイナビニュースからのお知らせ