男性は非喫煙者でも受動喫煙で歯周病リスクが3倍以上高まることが判明

国立がん研究センターはこのほど、多目的コホート(JPHC)研究において受動喫煙と歯周病のリスクとの関連を検討した研究結果を発表した。同研究により、男性の非喫煙者でも受動喫煙で歯周病のリスクが高まる可能性が示されたとしている。<続きを読む>

ニュース総合トップに戻る

あなたにオススメ

Recommended by