経済ニュースの"ここがツボ" (94) 「小池劇場」失速の本当のワケと日本経済の行方(下) - 道半ばのアベノミクス、今後のカギは「改革」

11月7日に日経平均株価は1996年6月の高値を上回って約26年ぶりの高値をつけたあと、一時は2万3000円台に乗せましたが、その後は下落幅がやや大きくなっています。急ピッチで上昇が続いてきた反動などで短期的には調整してもおかしくないところですが、それでも株価上昇の基調は続くとみています。<続きを読む>

ニュース総合トップに戻る

あなたにオススメ

Recommended by