2椀1セットの「夫婦善哉」、その起源は商人の町・大阪らしいものだった!

夫婦やカップルで食べると円満になれると言われる「夫婦善哉(めおとぜんざい)」は、大阪で130年以上愛されている縁起物である。事の始まりは明治16(1883)年。法善寺境内に開店した善哉屋「お福」で、一人前なのに二杯のお椀に分けてつがれた善哉が提供されていたというのだ。<続きを読む>

ニュース総合トップに戻る

あなたにオススメ

Recommended by