これが関東のゲートウェイ! - ヤマト運輸の新物流拠点に潜入! (画像90枚)

ヤマトホールディングスは8月13日、神奈川県愛甲郡で今月11日より稼働を開始した関東の新物流拠点「厚木ゲートウェイ」を報道陣に公開した。

厚木ゲートウェイは、同社にとって第3のイノベーションと位置付けている「バリュー・ネットワーキング」構想の一端を担う多機能スーパーハブ。ちなみに、同社にとって第1のイノベーションは東京~横浜間で1929年に開始した定期積み合わせ輸送の「路線事業」。第2のイノベーションは、1976年に開始した小口貨物の特急宅配システム「宅急便」だという。

多機能スーパーハブは、厚木ゲートウェイのほかに、9月下旬より稼働開始となる「羽田クロノゲート」と、既に稼働を開始している「沖縄国際物流ハブ」、そして2016年までに稼働開始となる中部、関西ゲートウェイの5拠点が展開される予定。

ヤマトは、「バリュー・ネットワーキング」構想において、ヤマトの物流ネットワークを革新することで、物流を「バリューを生み出す手段」へ進化させるという目標を掲げている。これは、同社の宅配便取扱個数の拡大という目標だけではなく、一次、二次産業のコスト削減や国際競争力の向上に貢献し、日本経済の成長を手助けしたいという思いも込められているという。

物流ネットワークの革新は、大きく2点にまとめられる。

1点目は国内における物流革新。これまでの3大都市圏間の幹線輸送は、集荷した荷物を夕方まで各都市圏でプールしておき、1日に1回の輸送でまとめて荷物の搬送を行っていた。しかし、厚木、中部、関西という3つのゲートウェイが完成した場合、それぞれの拠点へ常に荷物を集約。ゲートウェイ間を日中の時間帯から高い頻度で幹線輸送を行うことで、三大都市圏間の当日配達を実現するという。

現時点では関西、中部ゲートウェイが未着工となっているが、厚木ゲートウェイの稼働によって三大都市圏間の当日配達トライアルを準備しているという。年明けかそれよりも早い段階でトライアルを開始するとしており、残る2つのゲートウェイについても計画の前倒しを示唆していた。

一方、2点目の革新は海外への配送だ。9月より稼働を開始する「羽田クロノゲート」は、陸海空の要所が近隣にあることから、ヤマトでは海外と国内の"結節点"として最適な立地としている拠点。立地に加えて、厚木ゲートウェイなどにも導入されている最新鋭の設備機器を導入することで、24時間稼働し続けることが可能になっている。

ヤマトは、この「羽田クロノゲート」から沖縄の「沖縄国際物流ハブ」を介してアジア各国への生鮮食品翌日配送が可能になるとしており、第一次産業への貢献、ひいてはアベノミクス農業再生プランの支援に繋がると強調している。

厚木ゲートウェイ施設

この後は、ヤマトホールディングス「厚木ゲーウェイ」施設内部の様子である。言葉で説明するよりも、写真を見ていただいた方が分かりやすいので、是非一つ一つ拡大してご覧いただきたい。

まずは冒頭で触れた「バリュー・ネットワーキング」構想の説明を受けた

最新機器の導入で、到着した荷物、発送する荷物の同時仕訳が可能になった

これまでの3大都市圏輸送は夜中にまとめて配送していた

今後はゲートウェイに荷物を集約し、24時間輸送を行う

厚木ゲートウェイは、中央道と東名高速の中間に位置する絶好の立地

厚木ゲートウェイは、24時間365日稼働

中部、関西も順次ゲートウェイを開設予定

在庫を分散管理するFRAPSの導入

FRAPSは、ラック単位での移動を行い、クロスマージができるようになる

国内だけでなく、海外にも目を向けるヤマト

羽田クロノゲートは9月に開設

沖縄国際物流ハブからアジアへ

上海、香港だけでなく、マレーシアやシンガポールにも翌日配達を実現する

物流の改革で日本経済へ貢献

完成した3拠点が結ばれることで、大きな力に

羽田クロノゲートは陸海空の様々なチャネルへ繋がる

FRAPSによって、顧客に付加価値を提供する

農業再生を物流で支援

海外への配送もネットから確認できる

SCM、DCMの双方から信頼される物流を

バリュー・ネットワーキングは5つのエンジンからなる

物流によって付加価値を与えるヤマト

ここからは施設内部。ここは着車バースと呼ばれ、各ベースから荷物が配送される

これはBOX前詰め装置。これまで手作業で行われた荷物の搬送をこの台車に詰めることで、品質管理が容易になるほか、作業効率も上がる

ここからベルトコンベアで仕分け機器に流れていく

作業効率化のため、荷物トレイがベルトコンベアの下に流れてくる

公園の滑り台のようだが、人は乗ってはいけない

仕分け場は同じような台が並ぶ

中2階に荷物が上がっていく

様々なラインが続いていく

16枚の連続写真。画像を連続でクリックすると、その動きが分かる。荷物のバーコードを読み取り、配送先などを判別するが、スキャンを行うためのオレンジ色の光が幻想的に見える

こちらも連続写真。荷物がメインのベルトコンベアに合流していくが、ぶつかりそうでぶつからないわずかな間隔で荷物が流れていく様子が見て取れる

このメインベルトには、1057個のセルがある

荷物集積場

非常に広い作業場

どこへ繋がっているのか分からない搬送ラインもあった

こちらはメールの搬送ライン

様々な搬送ラインが縦横無尽に巡っている

先ほども出てきた大型スキャナー

このようなラインも多数見受けられた

この階の搬送ライン異常監視画面

ここはスパイラルコンベアで8階まで繋がっている

最上部までは見通すことができなかったが、このスパイラルコンベアによって上下移動に人が手を触れることなく荷物の移動が可能となる

そのため、荷物破損の可能性が低くなるという

スロープの角度は適度なものに収まっている

ここは"クールエリア"

室内全体がクール便同様に低温に保たれている

クールエリアのカーテン。これにより完全に外気を遮断

ここにも仕分けコンベアがある

クール便専用の台車に付けるコード

これが専用の台車

先ほどのコードはこの様に接続する

外したところ

宙にぶら下げてあるコード

建物内で連絡するための無線機

ここが厚木ゲートウェイの"管制室"

ここは通販会社などに貸し出す付加価値提供エリア

ヤマトロジスティクスが管理を行っており、すでに健康通販会社など5社が入居を決めている

厚木の工業団地内に立てられている厚木ゲートウェイ

緑に囲まれた土地だ

巨大建造物取材シリーズ

アンビリカルケーブルで守る! - KDDI海底ケーブル保守船が公開(画像90枚)

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

ニュース総合トップに戻る

あなたにオススメ

Recommended by

カテゴリーはこちら

マイナビグループの求人サイト

マイナビニュースのカードローン比較サイト

マイナビニュースからのお知らせ