老舗も高級ホテルも屋台で集結! 東京・日本橋で「ニホンバシ桜屋台」開催

日本橋桜フェスティバル実行委員会は3月25日・26日、東京都中央区・日本橋地域にて「ニホンバシ桜屋台」 を開催する。

うなぎチーム「鰻くりから焼」(500円)

「ニホンバシ桜屋台」は、3月16日~4月9日に同委員会主催で開催する日本橋地区の春のイベント「日本橋 桜フェスティバル」の一環として実施される食イベント。日本橋ならではの老舗・本物の味を気軽に楽しめるイベントで、昨年は1万5,000人が参加した。

期間中は「日本橋 三四四会」加盟店を中心とした日本橋の老舗が集結し、2日間限定で食屋台を展開。同イベントでしか食べられないオリジナルメニューを販売する。

寿司チーム「まぐろにぎり」(3貫1,000円)

レストラン桂「デミたまチーズハンバーガー」(500円)

コレド室町の各店舗の他、高級外資系ホテルであるマンダリン オリエンタル 東京や日本橋三越本店の屋台も登場し、新・旧が融合した日本橋の食文化を楽しめるという。

また当日は、屋台購入者限定で日本橋三四四会オリジナル似顔絵シールを配布。シールを集めた枚数によって、三四四会対象店舗で使用できる食事券などが当たる抽選に参加できる。

ビストロサブリエ「若鶏コンフィーのフライドチキン」(600円)

伊勢重「すき焼き屋の隠しメニュー 和牛と大根の煮込み」(800円)

メニュー例は下記の通り。

・うなぎチーム(うなぎ割烹 大江戸・髙嶋家・日本橋 いづもや・喜代川): 「鰻くりから焼」(500円)
・寿司チーム(繁乃鮨・吉野鮨本店・蛇の市本店・舟寿し・寿司貞): 「まぐろにぎり」(3貫1,000円)
・レストラン桂: 「デミたまチーズハンバーガー(26日限定)」(500円)
・ビストロサブリエ: 「若鶏コンフィーのフライドチキン」(600円)
・伊勢重: 「すき焼き屋の隠しメニュー 和牛と大根の煮込み」(800円)
・文明堂: 「三笠スイーツサンド」(400円)
・三越日本橋本店: 「京都『美山荘』の筑前煮」(500円)
・マンダリン オリエンタル 東京: 「トリュフの香るマスカルポーネチーズのピッツィーノ」(900円)
・マンダリン オリエンタル 東京: 「サーモンと胡瓜 ディルサワークリームのオープンサンドイッチ」(800円)
など。

文明堂「三笠スイーツサンド」(400円)

三越日本橋本店「京都『美山荘』の筑前煮」(500円)

マンダリン オリエンタル 東京・左「トリュフの香るマスカルポーネチーズのピッツィーノ」(900円)、右「サーモンと胡瓜 ディルサワークリームのオープンサンドイッチ」(800円)

開催日時は3月25日・26日12時~18時で、開催場所は東京都中央区日本橋・福徳神社周辺(仲通り、浮世小路)。雨天決行だが、荒天の場合は江戸桜通り地下歩道で開催する。メニューは無くなり次第終了。参加料金は無料で、別途飲食代がかかる。

※価格は全て税込。メニュー名・価格は全て予定。画像は過去の画像、もしくはイメージとなる。「喜代川」の「喜」は「七」を重ねた異体字

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

ニュース総合トップに戻る

あなたにオススメ

Recommended by

カテゴリーはこちら

マイナビグループの求人サイト

マイナビニュースのカードローン比較サイト

マイナビニュースからのお知らせ