エンジニアが稼げる資格ランキング - 米国では?

グローバルナレッジネットワークはこのほど、米国Global Knowledge Training LLC,が発行した調査レポート「15 Top-Paying Certifications for 2016」の日本語抄訳版を発表した。

このレポートでは、エンジニアの給与と保有するIT関連資格について2011年から毎年調査。Global KnowledgeがITエンジニアに対し行った大規模なアンケート調査結果に基づき、IT関連資格保有者の平均年収をまとめている。調査は米国を対象としており、調査依頼対象者は50万人、回答者1万6千人以上(2015年版実績)。

レポート内で発表された「稼げる認定資格」トップ15と平均年収は以下の通り。

1位「AWS Certified Solutions Architect - Associate」$125,871

アマゾンウェブサービスの基礎的な認定資格。2013年半ばに登場し、AWSプラットフォーム上で分散アプリケーションやシステムを設計した経験を持つ個人を対象としている。

試験は、AWS上での設計、状況に応じた適切なAWSサービスの選択、AWSへのデータ入力およびAWSからのデータ出力、AWSのコストの推定およびコスト管理手法の特定といった範囲のトピックに対応している。

2位「Certified in Risk and Informatioin Systems Control(CRISC)」$122,954

CRISC認定資格は2010年に導入。非営利団体「ISACA」が提供、管理している。ITプロフェッショナル、プロジェクトマネジャー、およびITへのリスクを特定、管理し、適切な情報システム(IS)のコントロールを通じたビジネスを行う人々のために設計された。設計から継続的な維持管理の実施に至るライフサイクル全体をカバーしている。

この認定は2つの主要な領域、リスクとISコントロールに対応。ISコントロールのライフサイクルと同様に、リスクの領域は特定のリスクの範囲や可能性の識別および評価からそのリスクの監視およびリスクが発生した場合の対応に至るまで、範囲がまたがっている。

3位 「公認情報セキュリティマネージャ(CISM)」$122,291

この認定は、ITの専門性よりもマネジメントを目的とし、特定のベンダーのプラットフォームを使用して施策を実際に実装している人よりも、セキュリティ戦略とシステムと施策の評価に焦点を当てている。

4位「情報システムセキュリティプロフェッショナル認定(CISSP)」$121,923

国際情報システムセキュリティ認証コンソーシアム(ISC)2により提供され、ベンダー中立のセキュリティ専門知識を提供するように設計されている。1994年に設立。

セキュリティとリスク管理、通信およびネットワークのセキュリティ、ソフトウェア開発セキュリティ、資産のセキュリティ、セキュリティエンジニアリング、IDおよびアクセスの管理、セキュリティ評価とテスト、およびセキュリティオペレーションなどのコンピュータセキュリティにおける8つの領域に基づいた試験で構成される。

5位「プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP)」 $116,094

技術関連ではないビジネス関連の資格としては1番目。プロジェクトマネジメント協会(PMI)により設立、運営されている。

試験は、プロジェクトのライフサイクルに関連する5つの領域(起案、計画、監督、制御、完了)について。さまざまなプロジェクトを実行するための専門知識を検証し、製造業、建設業、ITといった特定の業種に特化しているわけではない。

以下、6位「公認情報システム監査人(CISA)」$113,320、7位「Cisco Certified Internetwork Expert(CCIE) Routing and Switching」$112,858、8位「Cisco Certified Network Associate(CCNA) Data Center」$107,045、9位「Cisco Certified Design Professional(CCDP)」$105,008、10位「Certified Ethical Hacker(CEH)」$103,297、11位「シックスシグマ グリーンベルト」$102,594、12位「Citrix Certified Professional - Virtualization(CCP-V)」$102,138、13位「Cisco Certified Networking Professional(CCNP)Security」$101,414、14位「ITIL v3 Foundation」$99,869、15位「VMware Certified Professional 5 - Data Center Virtualization(VCP5-DCV)」$99,334と続く。

今回選外になったが流行している資格には、「A+」$72,546、「CCNA Routing & Switching」$79,942、「Network+」$74,828、「Security+」$81,467、「CCNP Routing & Switching」$95,881などがあるという。

※写真は本文とは関係ありません

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

ニュース総合トップに戻る

あなたにオススメ

Recommended by

カテゴリーはこちら

マイナビグループの求人サイト

マイナビニュースからのお知らせ