冬ボーナス推定支給額、「なし」が最多に

カカクコムは1日、「冬のボーナス」に関する調査結果を発表した。対象は同社サイト利用者2,631名。期間は11月12日~11月18日。

「30~50万円未満」がトップに

「2015年冬のボーナス推定支給額」を聞いたところ、40.0%で「ボーナスはない」が最多となった。次いで、「30~50万円未満」(11.2%)、「10~30万円未満」(10.5%)、「50~70万円未満」(10.2%)と続いた。

2015年冬のボーナス推定支給額(全体)

平均額は60.6万円となり、昨年の冬調査と比較して2.1万円(前年比3.6%)の増額だった。今夏調査の61.6万円から1万円の減額となった。

業種別に「推定支給額」をみると、82.0万円で「金融業」が最多となり、昨年より12.7万円減額となった。次いで、「国家・地方公務員」(71.3万円)、「製造業」(66.5万円)と続いた。

推定支給額 業種別(税込金額)

※本記事は掲載時点の情報であり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

ニュース総合トップに戻る

今、あなたにオススメ

新着記事

注目情報

PR

カテゴリーはこちら

マイナビグループの求人サイト

マイナビニュースからのお知らせ