節分なので猫に鬼のコスプレをしていただいた

2月3は節分。ということで、うちの猫に鬼の角を生やしてもらうことにした。

今回使用したのは、「iDog アイドッグ オニさんパイルスヌード」。青鬼のカラーで、サイズはMだ。価格は1,728円(2月2日時点での税込み価格)。

少し猫耳を出してみると……

かなりゆったりとしたつくりのこちらのスヌード。ふんわりと巻くような感じで装着させる。角自体はしっかり自立できるように縫い付けられているが、ペット用だけあってかなり軽い。

着せるというよりかはむしろ頭の上に置いたスヌードをふんわり巻くという感じだが……。それでも多少猫が動いただけでずり落ちることはなかった(伸びなどをするとズルっと落ちる)。

あまりに軽く、ふんわりした付け心地であるからか、なんだか猫の反応も薄い。下手をしたらスヌードを装着していることにすら気づいてなさそうだ。

猫耳が外に出ている状態なので、パッと見るとなんとなく角が4本も生えているかのように見える。なお、こちらの商品のラインアップは赤、青、黄色の3色だったが、うちの猫の毛色だと一番青が似合うかと思いこの色を選んだ。

ほっぺのお肉が……

寒さに強い体を作るためなのだろうか、毎年冬の間だけは、猫のほっぺのお肉増量キャンペーンが開始される。

少し動いただけでこの状態。ほっぺの肉で目が少し隠れてしまうのだ。なお、春になりあたたかくなるとこの増量キャンペーンは終了する。

耳を隠すと……

かなりふんわりと巻けるスヌードなので、簡単に猫耳を隠すことも可能。しかしながらしめつけがほとんどないため、スルリとすぐに脱げてしまうのだ。

ボールで遊んでいただく

さて、本来ならば節分らしく豆まきをしたいところだが……。誤って猫が食べてしまうと危ないので今回は豆の代わりにボールを使うことにする。ボールを使うことによって、誤飲の危険性もなくなるし、なおかつ猫にも楽しんでもらえるためだ。

「福は内、鬼は外」とお決まりのセリフを言おうとしたが、鬼が外に行ってしまうということはうちの子が外に行ってしまうということになる。ずっと一緒にいてほしいので「福は内、鬼も内」と猫に話しかけた。

はい、大好きなボールだよ!

利き手で一生懸命ボールを触るうちの子

時々鼻でちょんとボールを押すしぐさも見られた

<作者プロフィール>
うだま
猫好きの人妻アラサー。猫の漫画や日常の漫画をよく書く。
猫ブログ「ツンギレ猫の日常-Number40」は毎朝7時30分に更新している。
ツイッターでは常に猫への愛を叫び続けている。下ネタツイートは最近控えるようにしている。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

ニュース総合トップに戻る

今、あなたにオススメ

新着記事

注目情報

PR

カテゴリーはこちら

マイナビグループの求人サイト

マイナビニュースからのお知らせ