"プログラミング言語別"の求人年俸額の順位、1位は「Python」で平均382万円

ゴーリストは30日、「プログラミング言語別の求人給与額」に関する調査結果を発表した。それによると、求人年俸額が一番高いプログラミング言語は「Python」となった。

同調査は、2014年10月20日に、ゴーリストが運営する国内・国外の人材業界に特化したキュレーションメディア「HRog」において、プログラミング言語別に求人給与額を集計したもの。調査対象求人件数は3万1,743件。

求人年俸額1位となったのは「Python」で、求人年俸額平均は382万2,018円、求人件数は281件。Pythonは比較的新しい言語だが、利用範囲が広く、様々な環境で動作し、かつ読みやすく書きやすいなど、生産性や保守性が高いことが特徴。今回は、プログラマの人口も他の言語と比べてまだ少ないことから、1位になったと分析している。

先日ソフトバンクから発表された人型ロボット「Pepper(ペッパー)」の制御にも、Pythonが使用されており、今後は海外での利用の広まりから、日本国内でも急速にニーズが高まっていくことが予想されているという。

2位は「Ruby」で、求人年俸額平均は361万9,448円、求人件数は664件。3位は「Perl」で、求人年俸額平均は352万6,370円、求人件数は542件。4位は「Objective-C」で、求人年俸額平均は348万9,549円、求人件数は1,110件。5位は「JavaScript」で、求人年俸額平均は348万6,366円、求人件数は1,214件となった。

あわせて読みたい

こんな記事も読まれています

ニュース総合トップに戻る

マイナビニュースからのお知らせ

新着記事

  • 「青春18きっぷ」だけじゃない! 夏に使えるお得なきっぷ
    2016/06/25 11:00

  • お金がない休日の過ごし方
    2016/06/25 08:00

  • 食費節約になる食材保存方法7選 - FPに聞いてみた
    2016/06/25 07:00

  • 井村屋が「あずきバー」を無料配布! - 4会場で合計1万5,200本
    2016/06/24 19:39

  • 消費増税再延期でも5割弱が「個人消費は回復しない」 - 理由は?
    2016/06/24 17:53

カテゴリー一覧

注目情報

PR

特設サイトの情報

マイナビグループの求人サイト

マイナビニュースのFacebookページ

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう
最新記事をお届けします