マウス、G-Tune:GarageのOculusブースが3Dマイホームデザイナー体験に対応

マウスコンピューターは、同社が東京・秋葉原で展開するゲーミングPC専門店舗「G-Tune:Garage」内のOculus Rift常設コーナーにおいて、「3DマイホームデザイナーPRO8」を利用したVR内装体験システムを追加すると発表した。6月27日の開店時より体験が可能となる。

G-Tune:GarageのOculus Riftコーナーが3DマイホームデザイナーPRO8に対応。今回はG-Tuneちゃんの家のモデルを体験できる

G-Tune:Garageでは、バーチャルリアリティ(VR)用のヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」を中心としたVR体験の常設コーナーを設置しており、現在は、スキージャンプ「VR SKI JUMP」や、ジェットコースター「UnityCoasterG」、変わったところだとTuneちゃんに踏まれる!?「dogelus2」などを体験することができる。

G-Tune:GarageのOculus Riftコーナー。いくつかのソフトウェアから選んでVRを体験できる

新たに、住宅・建築を手軽に3D(立体)でシミュレーションできるメガソフト「3DマイホームデザイナーPRO8」をOculus Riftに対応させ、3Dで制作した住宅・建築の内部を実際にその場にいるかのように体感することができるようにした(Oculus Rift対応「3Dマイホームデザイナー」の一般消費者向け発売時期は未定)。今回はデモ用に、G-Tune公式キャラクター「G-Tuneちゃん」たちが暮らしている家のデータを新規に制作。G-Tuneちゃんの家を体験することができる。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

ニュース総合トップに戻る

あなたにオススメ

Recommended by

カテゴリーはこちら

マイナビグループの求人サイト

マイナビニュースのカードローン比較サイト

マイナビニュースからのお知らせ