ソチ五輪開会式 欧米首脳不参加に露の同性愛宣伝禁止法影響

NEWSポストセブン

 ロシアのソチで冬季五輪が開幕した。華やかな開会式ではあったが、一部欧米の首脳は出席しなかった。その背景には何があるのか、作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏が解説する。

 * * *
 ロシア・ソチでの冬季五輪は開幕前から異例の状況が続いていた。通常、オリンピック主催国は金メダルをどれだけ取るかに関心を集中する。しかし、今回は事情が異なる。ロシア政府は競技以外のところに関心事項を設けている。

 米国のオバマ大統領、ドイツのガウク大統領など欧米の首脳が早い段階から五輪開会式への不参加を表明していた。その背景となっているのがロシアで昨年成立した同性愛宣伝禁止法だ。これはプーチン大統領のイニシアティブによるものだ。

 プーチンは同性愛者に対して明らかに偏見を有している。首相時代の小泉純一郎氏がプーチンと良好な信頼関係を構築することができなかったのも同性愛問題が関係していると筆者は見ている。この点について、外務事務次官を務めた谷内正太郎氏(現・国家安全保障局長)が興味深い証言を残している。以下は同氏の講演録からの引用である。

〈(小泉氏と)プーチン大統領との間は必ずしもうまくいかなかったです。別にケンカをしたわけではないのですけれども、最初に会ったとき、イタリアのジェノバだったと思うのですけども、小泉さんがお国にはチャイコフスキーという素晴らしい音楽家がおられますねと話を始めたのです。ところがプーチンは、ひょっとしたらチャイコフスキーのことを知らなかったのかもしれないのですけれども、まったく反応しなかったのです〉(谷内正太郎『志ある外交戦略』、國民會館、2010年、42頁)

 とした上で、2回目の首脳会談についてはその前日に小泉氏がボリショイバレエを特等席で鑑賞したことを説明し、こう続ける。

〈次の日の首脳会談のときに、小泉さんは「きのうはボリショイ劇場でチャイコフスキーの素晴らしいくるみ割り人形を見せてもらった。素晴らしかった」と(中略)言ったわけですね。そうしたら大統領の答えは、「われわれが誇るボリショイ劇場をほめてくれてありがとう」と、こう言ったわけです。チャイコフスキーのことは一言も言わないのです。〉(同前)

 ロシア人でチャイコフスキーを知らない人はいない。プーチンはこの音楽家を明らかに嫌っている。チャイコフスキーが同性愛者として有名だからだ。

 ところがプーチンは昨年9月4日に放送されたテレビ番組のインタビューで、チャイコフスキーの存在について「ロシアが同性愛者を差別しないことの証明だ」という主旨の発言をした。

〈プーチン大統領は番組内で、「チャイコフスキーは同性愛者だったが、彼は偉大な音楽家であり、われわれは彼の音楽を愛している」と指摘。その上で「ささいなことに大騒ぎする理由はない。この国で恐ろしいことなど起きていない」と述べた。〉(2013年9月4日、ロイター)

 谷内氏の証言から明らかなように、プーチンは同性愛者だったチャイコフスキーに共感や愛着を持っていない。そのプーチンが、チャイコフスキーが同性愛者であったことをあえて強調し、ロシア社会においても同性愛者が受け入れられ、ロシア国家がこの人たちの権利を保全しているがごとく装っている。

 欧米諸国首脳がソチ五輪開会式への参加を躊躇したのは、実際には同性愛者の権利を厳しく制限しているにもかかわらず、あたかもそのような規制が存在しないが如く振る舞うロシアの欺瞞的な態度に反発したという理由があるのだ。

 それだけではない。欧米諸国はロシア政府が、ソチ五輪開会式でのテロを防ぐことができるかどうかについて強い疑念を抱いていた。プーチン大統領はテロ対策には最大の力を入れていると何度も強調した。例えば、1月20日の露国営ラジオ「ロシアの声」ではこんな論評が放送された。

〈安全確保という課題に関しては、プーチン大統領は「ソチでは世界のあらゆる経験が総動員される」と述べた。期間中、会場にはおよそ4万人の治安機関職員・特務機関職員が配備される。それでいながら、彼らの活動が「お目を汚すことはない」という。選手たちも、記者たちも、観客たちも「自分たちはスポーツの祭典にやって来たのだ」「冬季スポーツの殿堂にやって来たのだ」と感じられるよう、可能な限りの環境整備が行われているとプーチン大統領は述べた。〉

 五輪会場に約4万人の治安機関職員・特務機関職員が配備されるが、彼らの活動が「お目を汚すことはない」ということは、私服で群衆の中に秘密警察の職員がつねに紛れ込み、人々を監視しているということだ。テロリストによって「血のオリンピック」になることを防ぐのが今回のロシア政府の最大関心事項である。そしてロシアの場合、「疑わしきは殺す」というのがテロ対策の基本だ。

※SAPIO2014年3月号


マイナビニュース・エンタメ

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

本記事は「NEWSポストセブン」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

ニュース総合トップに戻る

あなたにオススメ

Recommended by

注目情報

PR

カテゴリーはこちら

マイナビグループの求人サイト

マイナビニュースからのお知らせ