新入社員のスーツはどんな色がいい? - プロが教えるおすすめスタイル

桜の開花とともに、春を感じる季節ですね。新入社員の皆さんは、期待と不安の日々を過ごしているのではないでしょうか? 特に、会社に何を着ていったらいいのか、お悩みの方! 今回は、フレッシュマンにおすすめのカラーコーディネートを「色のプロ」がご紹介します。

好印象を与えるコーディネート(男性)

男性には、「定番だけど間違いない!」という同系色の組み合わせがおすすめです。ブルー系は、「清潔感」「爽やか」「真面目」という印象を与えます。重ねて使うことで、一層色の持つ印象を強めます。

■男性におすすめのコーディネート
スーツ: ダークネイビー
シャツ: ライトブルー
ネクタイ: ネイビーブルー
ベルト・靴: ブラウン

また、堅めの業種でなければ、白シャツ×アップルグリーンタイもオススメです。フレッシュなイメージを表す代表的な配色であり、グリーンの効果で親しみやすい印象を与えます。

好印象を与えるコーディネート(女性)

女性は知的な中に女性らしさも忍ばせる組み合わせが良いでしょう。ネイビーは上品で落ち着いた印象を与えます。そこに女性の肌をキレイに見せる明るいピンクを合わせましょう。

色彩心理学の世界では、ピンクは人間関係を良くする効果があると言われており、話しやすい雰囲気を作ってくれます。かわいいのは苦手、という方は肌なじみのいいピンクベージュにしてみましょう。

■女性におすすめのコーディネート
スーツ(ジャケット、ボトムス): ダークネイビー
ブラウスなどのトップス: ライトピンク
靴: ネイビー

靴も、黒より明るいけど目立たず、合わせやすいネイビーを。つい黒を選んでしまう人が多い中、差をつけることができます。

女性におすすめのコーディネート

第一印象は約7秒で決まるという説があります。その判断材料として、見た目の情報がおよそ6割を占めるといいます。そして最初に持たれた印象はなかなか変えることができません。

あなたの一番素敵な笑顔と好印象コーディネートで、社会人生活のスタートダッシュを決めましょう。

執筆者プロフィール : 西田美穂

カラーアナリスト。1984年生まれ。2006年芝浦工業大学工学部建築工学科卒業。9年間の建築業界勤務を経て、縁あってサロン・ド・ルミエール海保麻里子氏に出会い、色彩の世界の魅力を知る。同氏に師事し、カラーリストへ転身する。「色の力で笑顔を増やしたい」という思いのもと、色選びに悩む方を応援すべくパーソナルカラー含め色彩全般を学び、色のスペシャリストを志す。

2016年世界的に活躍するメイクアップアーティストNATSUKA氏に師事、一流のメイクアップ技術を学ぶ。現在、某カルチャースクールにてアシスタント講師を務める一方、パーソナルカラー診断サロン「サロン・ド・ルミエール」にて活動中。趣味はヨガ、カメラ、読書。好きなものはコスメとファッション誌。インスタグラムアカウントはこちら

。 ■保有資格
文部科学省後援AFT 1級色彩コーディネーター
日本パーソナルカラー協会認定パーソナルカラーアドバイザー
色彩技能パーソナルカラー検定モジュール3(最上級)
インテリア産業協会 インテリアコーディネーター
東京商工会議所 福祉住環境コーディネーター2級
商業施設技術団体連合会 商業施設士

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

ニュース総合トップに戻る

あなたにオススメ

Recommended by

カテゴリーはこちら

マイナビグループの求人サイト

マイナビニュースからのお知らせ