そのサイズ、驚異の18.4インチ! デカすぎるタブレットはどんな場面で役立つのか

ASUSといえば、これまでに数々のユニークなスマートフォン・タブレットを開発してきたチャレンジングな企業だ。たとえばスマートフォンとタブレットが合体する「PadFone」や、3G通話のできる7インチタブレット「Fonepad」といった製品は、その斬新なコンセプトでユーザーの度肝を抜いた。

そんなASUSが4月に発売した「ASUS Portable AiO P1801-T」もまた、いい意味で"変態"的な製品に仕上がっている。

ごちゃごちゃ言う前にまずは現物をご覧いただこう。

デカい

こちらがASUSの新製品となるタブレットである。……えっ? デカい? タブレットじゃなくてPCモニターじゃないかって?

いいえ、タブレットです。

通勤カバンか

なんと、こちらのタブレット、大きさが実に18.4インチ(!)もあるのだ。ちなみにiPad Airが約10インチで、iPad miniが約7インチ。18.4というと、お察しの通り、ちょっとしたモニター並みである。もちろんタブレットとしての大きさは最大級だ。

これをタブレットと呼ぶ違和感

よくこんな変態タブレットを製品化までこぎつけたなぁ……って、そりゃASUSだからできたのだろうけど、こうしてしっかり製品化されているからには単なるネタ製品で終わるわけはない。果たして18.4インチものタブレットにどんな価値があるのか。画面がデカいことで何が変わるのか。実際に使ってみることにしよう。

背面

あわせて読みたい

こんな記事も読まれています

ニュース総合トップに戻る

関連記事

新着記事

カテゴリー一覧

注目情報

PR

特設サイトの情報

マイナビグループの求人サイト

マイナビニュースからのお知らせ

Facebookページ

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう
マイナビニュースの
人気記事をお届けします