炊飯器でつくる「ブラックぺッパーチーズケーキ」がおつまみにもなる!

チーズケーキというともちろん「スイーツ」という認識だろうが、今回はワインに合っておつまみアイテムにもなるチーズケーキを紹介する。加えるのはブラックペッパー。ちょっと大人向けのチーズケーキに仕上がる。焼成はオーブンではなく炊飯器で行う。

炊飯器でつくる「ブラックペッパーチーズケーキ」

材料(5.5合炊きで1台分)
クリームチーズ 100g / グラニュー糖(上白糖で代用可) 大さじ2 / 生クリーム 100cc / プレーンヨーグルト 100cc / 薄力粉 大さじ2 / 卵 1個 / 粗挽き黒胡椒 大さじ1/2
土台用(「リッツ」 25枚 / マーガリンまたはバター 50g)

つくり方

  1. 「リッツ」をビニール袋に入れ、麺棒でたたくなどして砕く。マーガリンまたはバターは電子レンジで加熱(600wで30秒)して溶かし、これを袋に入れてもみ込む。

  2. 炊飯釜の底にクッキングシートを敷き、1をスプーンの背で押しながら敷き詰める。

  3. 耐熱ボウルにクリームチーズを入れ、電子レンジにかけてやわらかくする(600wで30秒)。ここにグラニュー糖を入れてよく混ぜ、生クリーム、プレーンヨーグルト、薄力粉、卵、粗挽き黒胡椒を加えてさらによく混ぜる。これを2に流し込み、炊飯ボタンを押す。終了したら竹串などを差し、抜いたときに生地がついてこなければ完成。生焼けの場合は再度炊飯ボタンを押す。

  4. 炊飯が終了したら、少し冷ましてクッキングシートごと取り出す。

土台は、スプーンの背で押しつけながら敷き詰めていくのがコツ

「チーズケーキを取り出すのは、冷めてからのほうが崩れにくいです。冷蔵庫で冷やしてからいただくのがオススメです」(みやちゃん)。


レシピ考案者プロフィール

みやちゃん
フィットネスジムでスタッフをしながら、料理人としても働いています。これらの経験をいかして、簡単でおいしいレシピをブログ「四万十住人の簡単料理ブログ! 」で紹介しています。

炊飯器について
炊飯器の種類によってうまく完成しない場合があります。炊飯器は、「マイコン」タイプと「IH」タイプがあり、炊飯器スイーツについては経験上、マイコンタイプが向いていると思います。 マイコンとIHで試作しましたが、マイコンタイプは一度の炊飯で完成(多くても2回の炊飯でOK)。一方IHは、途中で炊飯が切れてしまい、生焼け状態。何度も炊飯スイッチを押してようやく完成した、といった具合です。 ただ、IHの場合は、「ケーキモード」がついている機種があるので、それを活用するのも手です。
※炊飯器の機種によっては米の炊飯以外の使用を禁じているものもあるので、取扱説明書をチェックしてください。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

ニュース総合トップに戻る

あなたにオススメ

Recommended by

カテゴリーはこちら

マイナビグループの求人サイト

マイナビニュースのカードローン比較サイト

マイナビニュースからのお知らせ